こんにちは!
こども教育あそびデザイナー で フリーランス保育士 の さやかです!


 夜泣きが平均2.5時間おきの息子に、最近「夜間断乳」を始め、
大暴れしても授乳しないというなかなかの試練が続いてます。
「日に日に疲労が蓄積していってない!?」という問いに対し、
「気のせい!気のせい!」という自答で乗り切る毎日です。









さて、
「良かれと思って」ということってありますよね。
優しさのつもりで。
喜ぶと思って。
感謝されると思って。

でも実際は、あれ?どうして?
それって、こどもとの関わりの中でも起こります。
そんな時、ハッとさせられて、
大人の世界でも同じだよな、と学ばされるんです。

今日はわが家で起きたエピソードとともにご紹介します。






1.以前と今の好みは違う


うちの娘ちーちゃん(5)は、フレンチトーストが大好きでした。
休日になると「フレンチトーストして〜♡」と言って、
美味しそうに食べるのが日常の光景でした。

bb32c82f78ebd91284d33f12abc7c944_m


その日はパパがお休みの日で、
私は朝から下の子に付きっきりだったので、
パパが気を利かせてフレンチトーストを作ってくれました。

「朝ご飯なに〜?」と嬉しそうに見に来たちーちゃん。
 突然、表情が曇りました。

「ちー、フレンチトースト嫌なんやけど。」

最近「フレンチトーストして〜♡」と言わないなと
思っていたら、あんまり好きじゃなくなったそう。

「パパがせっかく作ってくれたんだけどな…」と思いつつ、
ちーちゃんに聞かなかったパパも何か思うかな、と
私は黙って聞いていました。 

すると、

パパ、めっちゃキレてるーー!
「じゃあ食べなくていい。」と冷たく言った後、
黙っっっっって準備。
めちゃめちゃ怒ってるやんーーー!!!
こわい。。。


さあ、ちーちゃんどうする?
…と思ったけど、
ちーちゃんも強かった!(笑)

「食パンにジャムつけて食べる!」と。

820d4969e5600ab389fe67ad3f941b35_m

その後の食卓は、私が親子ゲンカの仲裁をしつつ、
下の子の世話をしつつ、私も食べつつ、という、
なかなか味わえない朝食でした(笑)。





2.わたしがこどもの好みを優先した理由


7b7b1724d456e7f370170f6a0887d6f5_m


2019年のこの時期は、平成が令和になった10連休のGW。

5月は「GWリセット」とも呼ばれる時期。
新しい環境になった4月からやっと慣れた時期にくるGW。
GW明けは、こどもたちの気持ちもまた不安定になりがちです。

4月に泣いていなかった子が、
GW明け〜9月の運動会まで泣いて登園し、
1日中先生にべったりなんてことも。

しかも今年は10連休ということで、
その期間が長くなる子も出ることが予想されました。

ちーちゃんは新入園児ではありませんでしたが、
進級した自覚から頑張りすぎて、
GW明けに不安定になることも想定していました。

なのでなるべく話をしたり、
一緒に遊んだり、踊ったり(?)
ちーちゃんの思いはその都度聞くようにしていました。


そんな時のこの出来事だったんです。





3.こどもにも「気分」はある

24127eef1bc6d18c050dfb4494527b55_m

わが家は、基本的には「出されたものは食べましょう」のルール。
でも、出す前に
 「何食べたい?」
 「どのくらい食べられる?」
は聞くようにしています。

こどもが大きくなってきて、
考え方や感じ方も大人に向かって発達してくる時。

大人の気分だけを考えるんじゃなくて、
やっぱり家族の一員として、
こどもの考え、感じていることも
できるだけ尊重してあげたいなと思うんです。


例えば、
休日の朝は、たまにはパジャマでボケっとしていたいし、
濃いもの食べたいなって時も、軽くでいいなって日もある。
したい気分の時もあるし、したくない気分の時もある。

それは大人も子どももきっと同じなんですよね。
大人はいいけど、子どもはダメなんてことはないと思うんです。

子どもにいつも“がんばれ”と関わるなら、
大人もその背中を見せていないとつじつまが合わないなって。 
こどもはよく大人を見ています。 





まとめ

a6cecfc4d9eb6f70a69905814c4f9b97_m

こどもに良かれと思ってしたことは、
実はもう嬉しくないことかもしれないし、
今はそんな気分じゃないかもしれません。

良かれと思ってやる前に、
一度こどもに聞いてみてはどうでしょうか? 

そして、聞いたときに大人の顔色を伺うのでなく、
素直に何でも答えたり話せたりする親子関係が
できているといいなと思います。 






〜こちらの授業もチェック〜

子どもの口ぐせは親の口ぐせ。人を優しくする言葉とは

子どもが、先生やママにやってほしいと思ってること

イヤイヤ!子どもがご飯を食べないとき試したい3つのこと

子どもの失敗、怒る?子どもの気持ち




友だち追加


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村  


design-32