こんにちは!

チャイルドコーチングアドバイザーでフリーランス保育士ママのさやかです!







ちーちゃんが2歳のとき、
私はとっても不思議な経験をしました。



当時、ちーちゃんは2歳になり、
おしゃべりがだんだんと上手になってきた頃でした。



その日の夕方、
いつものようにちーちゃんと一緒にお風呂に入った後、
ドライヤーでちーちゃんの髪を乾かしていたときでした。


ちーちゃんは、急に自分からこんなことを言いました。



「ちーちゃん、ママのおなかにいるとき しょんぼりだったの。」



私は、とてもびっくりして、
ドライヤーを止めて聞き直しました。


「ちーちゃん、ママのお腹の中にいる時しょんぼりだったの?」


するとちーちゃんはこう答えます。


「うん、しょんぼりだったの。」




私は、
この子がお腹にいるときは幸せで、
大きくなったかな、早く会いたいな、と
毎回の検診まで待ちきれないほど
本当に楽しみにしていました。



それなのに、ちーちゃんはしょんぼりだったの…?

私、何か変なもの食べたのかな?

急な運動したかな?



その瞬間に、いろんな思いが駆け巡りました。





私は思いきって、ちーちゃんにこう聞いてみました。


「ちーちゃんは、どうしてしょんぼりだったの?」


すると、ちーちゃんから
思いもしない答えが返ってきました。




「だってね、ママがしょんぼりだったから。
 ママがしょんぼりだったから、
 ちーちゃんもしょんぼりだったの。」




私は、ハッとしました。






当時、私は出産1ヶ月前まで仕事をしていました。
その時、ある大きなトラブルに見舞われ、
とても辛く、とても悲しく、とても悔しい思いをしました。


私は毎日毎日そのことを考え、何度も泣いていました。



それは、ちーちゃんが生まれる2ヶ月前。
お腹の中で3000gにまで成長していたちーちゃんは、
その時「しょんぼり」していたんです。




私は時折無理をして、
精神的にもいっぱいいっぱいになって、
そんなとき張ったりするお腹をさすりながら、
「ごめんね。。」と 
また泣いたりもしていました。




ちーちゃんは、
ママの心臓をいつも感じていて、
ママの血の流れる音を毎日聞いていて、
ママから作られる栄養を日々もらって、
ママの声、お腹の外の音を感じながら、
生きていました。



「一心同体」とは、
まさにこのことだと思いました。 



ちーちゃんは、
私が感じていた気持ちをそのまんま、
一緒に感じていたんです。



ちーちゃんは、
私が感じていた「しょんぼり」を感じて、
一緒に「しょんぼり」していたんです。



ママがしょんぼりだと、
ちーちゃんもしょんぼりになってしまっていたんです。



私は、ちーちゃんを愛しているつもりだったけど、
ちゃんと、生まれる前から、
私の方がちーちゃんに愛されていたのかもしれないな。

そう思いました。





生まれる前の話なんて、ちーちゃんにはしたことないのに、
ちーちゃんの方からそんなことを言い出したのは、
本当に驚きました。



「胎内記憶」と呼ばれるものは、
本当にあるんですね。


赤ちゃんは、お腹の中で もう生きていて、
新しい人生をスタートさせているんですね。


改めて、
そう痛感させられた出来事でした。






私はちーちゃんに笑顔で言いました。


「今は、ママしょんぼりじゃないよ!
 ちーちゃんに会えて、とっても嬉しいよ。」 


そう言いながら、
ちーちゃんをぎゅって抱きしめながら、


また涙がこぼれそうになるのでした。





こうやって、
「いのち」はつながっていくのかな。


こうやって、
私も生まれてきたのかな。


目の前にある「いのち」。


大切に大切に、
いまも、
これからも、
生きていきたいな。







にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村





友だち追加






design-32