こんにちは!

チャイルドコーチングアドバイザーで
フリーランス保育士ママのさやかです。






新年度、今日からスタートした人も多いのでは?と思います。


わが子も進級し、新しいお部屋に行きました。


新しい下駄箱の場所、新しいシール帳、新しいロッカー棚。

全てが初めての環境で、ドキドキしながらも、
「1つ上の組になったんだ!」と自覚がめばえた様子!



新年度の荷物がたくさんあり、
場所も分からない感じなので
しばらく娘を見守っていたのですが、

「先生、水筒どこですか?」

「帽子はどこですか?」

と分からないことは自分から先生に尋ねていて、
成長したなぁ!と感心しました。




周りの子どもたちを見ると、
(準備を終えた子は少しハイテンションになり、
お部屋でも走り回っている子は数人いるものの、)

ほとんどの子は先生の
「何か座ってできる好きな遊びないかなぁ〜」
という声かけに反応し、
落ち着いて遊んでいるように見受けられました。



やっぱり、この「自覚」ってとても大切。



例えば、
お家で年下の妹や弟ができた時。 


今まで甘えんぼさんだったのが、
急に自分のことを自分でするようになり、
ママのお手伝いや赤ちゃんのお世話までしてくれたり。

e4810d6b401917d934cd741949b583a0_m



それから、
縦割り保育で、年下の子とペアで行動する機会があった時。


自分のことをしながら、お世話をしたり、
違うことをしないかよく行動を見て伝えたり、
スムーズに行動できるように伝え方を工夫したり。



そんな瞬間って、とても「自覚」が高まって、
メキメキと成長している瞬間だと思います。
(大人でもそうですよね!)






こんな面白い事例を聞いたことがあります。


保育園の年長児(保育園で一番年上)と、
小学校1年生(小学校で一番年下)が
夏に一緒に山登りをしたそうです。


はじめはどちらの子もやる気満々なのですが、
途中から、1年生の子たちが
「疲れた〜疲れた〜」と言うそうです。


それに比べて、年長の子たちは弱音を吐かず
一生懸命最後まで登っていたそうです。


普段から「自覚」を感じている年長さんは、
「努力すること」や
「あきらめない」こと、
「我慢する」こと、
「頑張ったらいいことがある」こと…


いろんなことを、
「自覚」から自然と学んでいたのかもしれません。


「自覚」は大きな「やる気」になるのですね。






新年度のいま、子どもたちが自然と感じている
年上になった「自覚」。


その気持ちを潰してしまわないように、私は
「◯◯組さんでしょ!」
という言い方はやめにしたいなと思っています。


そうではなくて、
「◯◯組さんになったら
 もしかして、こんなこともできる!?」 
というような、

子どもたち本人の「自覚」と「やる気」を引き出すような、
声かけができたらいいなと思います。






園庭には、
子どもたちをめいっぱい応援するように
満開の桜が咲いていました。 


bd1b9ff09d80cfa42d92592212ef6a34_m


友だち追加


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


design-32