こんにちは!

チャイルドコーチングアドバイザーで
フリーランス保育士ママのさやかです。




926bc7f51268fbe05cc036a5159a8fc1_s

いよいよ出産間近。
お腹の赤ちゃんに会えるまでもう少しですね♪

産後はママの体力も戻っておらず、
なかなかベビー用品を揃えるのは難しいもの。
なので出産前に揃えておくことをおすすめします。

出産準備、ベビー用品を準備するのに参考にしてみてくださいね。



  1. ベビー服
  2. おくるみ、スリーパー
  3. ベビー用品
  4. 沐浴グッズ
  5. その他 あったらいいもの
  6. さいごに







1.ベビー服



49ac503c99506db41625400bb816df04_s



・短肌着、コンビ肌着 5~6枚


生まれたばかりの赤ちゃんの肌は、とても柔らかく敏感。
ガーゼタイプの肌着を選びましょう。

前でしばるタイプの肌着で、
沐浴後など脱ぎ着させやすくなっています。

汗をかいたらこまめに替えたりするために、
洗い替え用に5〜6枚の準備があるとあると安心です。

ハンドメイドでの準備を考えているママは、
必ず縫い目が赤ちゃんの肌に当たることのないよう、
縫い目が外側になるように作ってみてくださいね。



・ロンパース・カバーオール 2~3枚


足の出る前開きの乳児服です。

服の前面に、首元から足先までボタンが付いているなど、
ガバッと全部開けるので、オムツ替えやお着替えのときに便利です。

こちらも、縫い目がデコボコしていない加工のものがおすすめです。

母乳やミルクを飲む赤ちゃんは、
消化器官がまだ未熟なために起こる吐き戻し(飲んだミルクを吐き出してしまう)があったり、
うんちも水のように出たりと、お洋服を汚しやすいもの。

とっても可愛いお洋服を買ったのに汚してしまった…
ということのないように、お出かけ用と、普段用と使い分けると良いかもしれませんね。

例えばこういうの!









2.おくるみ、スリーパー



・おくるみ 1〜2枚


お出かけや抱っこの際、首のすわっていない赤ちゃんを
ふんわりくるんで抱く、正方形の柔らかい布です。

中にはフード付きになっているものや、可愛い動物さんの衣装のようなものもあります。

生まれるまでママの子宮の羊水に包まれていた赤ちゃんですから、
外の世界は開放的すぎて不安になるもの。

おくるみで包むことによって、
安心して眠ったり、笑顔を見せてくれたりしますよ。

中には、寝かせるだけで身長の伸びがわかっちゃうものも!







・スリーパー 1〜2枚


寒い時期やお出かけの際、スリーパーが役立ちます。

1日のほとんどの時間を眠っているような赤ちゃん。
体が冷えないように助ける、ベスト形の上着のようなものです。

おすすめは前面と背面がガバッと分かれるもの。

最近では0〜4歳頃まで長く使えるものもあり、持っていて損はないですよ。

おすすめは、わたしのお友達「suku suku」さんのスリーパー。
ハンドメイド通販サイト「minne」で販売しています。
大人気商品なので早めのご注文がオススメ。ぜひ!










3.ベビー用品


639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_s

・バスタオル 4枚〜5枚

赤ちゃんの沐浴後に体を拭く用、
ねんねの時シーツ替わりとして使う用です。

沐浴後は赤ちゃんの敏感肌に直接触れるので、
柔らかい素材のものを選ぶといいですね。

その際、体の濡れた赤ちゃんをそのまま寝かせてすぐに包めるように、
正方形の形をしたバスタオルがおすすめ。

タオルがダイヤ型になるように置き、
赤ちゃんの頭が上の角になるように寝かせると、
タオルの左右と下側の角で赤ちゃんを包むように拭くことができます。




 

ねんね用には、大人と同じタオルでOK。

汚してしまってもすぐに取り替え、洗うことができるので、
清潔なお布団を保ちやすいですよ。 



・フェイスタオル 2枚〜3枚


4つ折りにして枕がわりに使います。

生まれたばかりの赤ちゃんには枕は不要。
無理に高さを作ってしまうと呼吸がしにくくなるかもしれません。

フェイスタオルは高さ的にも適していて、
ミルクの吐き戻しにも慌てることなく対応できます。

洗い替えに数枚の準備があると良いでしょう。






・オムツ 新生児用1パック


f0d2dce5f6bf3c4c9696a3cd7632740b_s


赤ちゃんによってサイズが異なります。
未熟児で生まれてくる子もいれば、4000gというお子さんも。

妊婦健診では「大きい赤ちゃん」と言われていたのに、
実際は普通より小さいくらいだったということもあります。

赤ちゃんが生まれた瞬間は、産院でオムツの用意があるところが
ほとんどだと思いますので、生まれてから買いに行くのがベストかもしれません。

旦那さんやお母さんに買いに行ってもらって、
ママはゆっくり体を休めてくださいね。






・おしりふき 1袋


今後長く使うことになるので、まとめ買いをしておくのもgood。

ほぼ水だけでできているものから、アルコール消毒に優れた商品まで、
いろいろな種類がありますので、比べてみてくださいね。

赤ちゃんによっては皮膚が弱く、かぶれやすい体質の子もいるかもしれないので、
試しながら使ってみるのも良いでしょう。


お出かけ用の、可愛いケースもつい欲しくなっっちゃう♡







・ガーゼハンカチ 10枚〜


授乳時やよだれふきに毎回使います。
また汗拭き用としても1枚必要です。

沐浴の時には、ガーゼハンカチにお湯を含ませて流したり、
頭を洗っている時に、温かく濡らしたハンカチを
お腹に乗せたりして使います。

ガーゼなので洗濯してすぐ乾くのですが、
頻度が高く使い込んでしまうので、
10枚ほどあっても良いと思います。




4.沐浴グッズ



・ベビーバス

昔ながらのベビーバスから、
ビニールプールのように空気を入れて使用するもの、
折りたためるものなど様々です。

生活スタイルに合わせて、使いやすいものを選ぶのが良いでしょう。


これは、大きくなって使わなくなったらたためるので、
片付けに場所を取らない!




わたし、たためないものだったので、物置でかさばっています・・・。



・温度計

お湯の温度を計ります。

適温での沐浴は、赤ちゃんがとっても気持ち良さそうにするので
可愛いですよ。




・泡で出るタイプの全身用石鹸

常に片手で赤ちゃんの首を支えているため、洗うときに使えるのは片手のみです。

そんなとき、ポンプ式の泡で出てくるものがあれば、一人でも楽々!
おすすめです。


わたしは定番のピジョンのものを使用していました!



・おへそ、鼻・耳掃除に「ベビー用綿棒」

へその緒を切ったばかりの赤ちゃんは、お掃除が必須。
綿棒の先が濡れているので、カンタンです。





・爪切りバサミ

柔らかくて小さくて細い赤ちゃんの指の爪。

大人用の爪切りでは危険なので、
小さい赤ちゃん用の爪切りバサミの用意があれば安心です。







5.その他 あったらいいもの


17f076be7cfba4673bffcbc82ced4039_s

・哺乳瓶、ミルク、搾乳器


出産後すぐに母乳が出る人と、そうでない人と個人差があります。

また、完全母乳でママのそばで育てる人と、
ママ以外の人が世話をする時もあるなど、ミルクが必要な人と、
どちらになるかもそれぞれの家庭の事情だったりします。

ママの母乳の様子に合わせて、産院の助産師さんに
心配なことはなんでも聞いてみましょう。
先輩ママに聞いてみるのも、
自分に合った方法を見つけやすくなるかもしれませんね。






・スタイ(よだれかけ)

赤ちゃんによって、1日に10枚使う子も入れば、
ほとんど必要のない子もいます。

最近では、ハンドメイドのものやおシャレなものもありますが、
吸湿性がよく、肌ざわりのよい素材を選ぶと良いでしょう。


お友達の「suku suku」さんで、スタイも販売しています!

「suku suku」オシャレスタイはこちら

柄が本当に可愛いの♡




・帽子

新生児を日差しの強いところに連れて行くことは
あまりないかもしれません。

夏のお出かけなどで、必要であれば準備するのが良いでしょう。



・背中の汗とりパッド

まだ寝返りのできない赤ちゃんは、背中に汗がたまります。

暑い日の外出時など、着替えがひんぱんにできない場合は、
汗とりパッドが活躍しますよ。





・ソックス 1〜2足

生まれたばかりの赤ちゃんは、手の平、足の裏がとても敏感。
形や温度、感触など、触れて試して、世界を知ろうとします。

なのでお誕生後すぐにソックスをはかせる必要はありません。

真冬の寒い時期のお出かけ用として用意があれば良いでしょう。
伸縮性があり、肌ざわりのよいものを選びましょう。

サイズは、ぴったりがおすすめです。
すぐに大きくなっても対応できるように大きめを選びがちですが、
足の裏からたくさんの学びを得ている赤ちゃんですから、
ブカブカでは本領発揮できません。

新生児用6㎝くらいからサイズが出ていると思いますので、
チェックしてみてくださいね。




出産祝いにも良さそう♡可愛い!



・ミトン

 自分の顔、自分の手、自分の足という存在がまだわからない赤ちゃんは、
知らないうちに自分の顔を爪で傷つけてしまうことがあります。

爪を普段から短く切っておけば、
そこまでひどい傷になることはありませんが、
気になるようでしたらミトンをつけるのもあり。

でも、昼も夜もずっとつけておくのは、
靴下と同じくおすすめできません。

赤ちゃんが感覚を最大限に発揮できるように、
手足は素のままが良いでしょう。




あぁ♡かわいいおてて♡







6.さいごに 



いかがでしたか?

「そんなに準備するの大変!」という人は、
「ベイビーボックス」を購入してみるのもおすすめ。

フィンランドでは出産する全家庭に贈られるという優れもの。
ブレゼントボックスがそのままベビーベッドになったりと斬新です。
気になる方はチェックしてみてくださいね。



出産まで、ママの中で赤ちゃんを感じられるのはあとわずか。




にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村