もくじ
  1. お母さんと赤ちゃん
  2. 適切な対応?
  3. 経験してこそ分かること
  4. 大切なのは「見守ってるよ」を伝えること
  5. さいごに





1.お母さんと赤ちゃん


わたしがレストランに行った時のこと。 
近くの席に、親子がいた。
赤ちゃんは1歳くらい。

靴を脱ぐための、30cmくらいの高さの台のところに座り 、
一生懸命脱いだ靴を取ろうとしている。

上から必死に手を伸ばし、
頭はほとんど逆さま。

今にも頭からひっくり返りそう。

ママは時々見に来て、
その時赤ちゃんに言った。

「危ないよ〜」

赤ちゃんはぽかんとして、
それからまた靴に手を伸ばし始めた。





2.適切な対応?

 
この様子を見て、赤ちゃんは明らかに理解していなかった。
何が「危ない」のか。

ここでわたしは考えてみた。

じゃあ、
「あなたは体のバランス感覚や筋力が
まだ発達していなくて、頭が重いから、
そうやって逆さに手を伸ばすと、
頭から落ちちゃうよ。」
と言えばいい?

赤ちゃんは、そんなこと説明されても、
もっと理解できないだろうな。

じゃあお母さんはどのように対応するのがいいかな。


 


3.経験してこそ分かること


赤ちゃんは、この世に生まれてまだ1年。
自分が自分で動き回れるようになってからは、
おそらくまだ2,3ヶ月。

「頭から落ちる」経験がなければ、
「頭から落ちる」がどういう意味なのか分からない。

だから、
「頭から落ちそうになる経験」や
「落ちる!とヒヤッとした体験」が
大切なんだろうなと思った。
 
だから、小さいうちから何にでも興味をもって、
体験することは大切。
(中には、人のことをよく観察して、
人の失敗を見て知る子もいるだろうな。)

経験しないよりは、経験させてあげたいな。





4.大切なのは「見守ってるよ」を伝えること


e31dcb431e2d64b6b62559dba98d67f3_m



子どもにケガはさせたくない。
でも、
「危ないからやめなさい」と何でも止めていたのでは、
あとあと重要になる「経験」が足りなくて、
誰かの指示通りにしか動けなくなっているかもしれない。

赤ちゃんの例でいうと、
自分の落ちる限界のラインが自分で判断できない。
つまり、
「諦めどころ」が分からない。

出会ったママの「危ないよ〜」の言葉の中には、
「やめなさい」ではなくて、
「見守ってるからやってみな」があった。

安心感のなか挑戦できるのは、
とてもいいことだなって思った。

子どものことを信じてギリギリまでやらせる。
何かあればすぐにフォローできるところで見守る。

赤ちゃんにとっては、
本当の意味で自分が大きくなれる環境だなって♡






5.さいごに


どんなに小さい赤ちゃんでも、
自分の意志があり、
自分で選びたくて、
自分で挑戦したくて、
自分でやり遂げたい。

そんな気持ちを「理解しているよ」を伝えることは、
ありのままを認めることとおんなじ。 

そう思ったら、子育てはうまくいかないはず。
だって、自分と子どもは違う別々の人だもん。

その中で、気持ちを伝え合いながら、
時にはバトルしながら、
時にはどちらも涙を流しながら、
そうやって最後は笑い合いながら。

そんな子育てって、すごく理想なんじゃないかな。

「子育て」って名前よりも、
「親子育ち」の方が、
うん、合ってる気がする! 

子どものために、我慢し合うのって
「親子育ち」って言わないよ。

もっとママも子どもも、
自由に、あなたらしく♡





友だち追加


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村





design-32