こんにちは!

チャイルドコーチングアドバイザーで
フリーランス保育士ママのさやかです。




私は、子どもの前で夫婦喧嘩したり、
相手を悪く言ったりすることはしないようにしています。


そんな中、
パパが娘のちーちゃん(5)に強く言いすぎて、
ちーちゃんがしょんぼりしていた時がありました。


その時の衝撃的だったエピソードをご紹介します。














ちーちゃんが4歳の時。
もう寝る時間だからお片付け、そんな時間。


たくさん色が入ってる色鉛筆のフタを開けようとして
床にバラバラに散らばったんです。

f80e292e6a5d828b5b753efc12f59d7f_m


もう寝る前だし、今しなくていいことなのに、
ちーちゃんはどうしてもしたいことだったようで。


パパも仕事で疲れていたからか、
ちーちゃんの失敗に対して恐い反応。
そのあと強く言っていました。


怒った顔で、ちーちゃんにイライラしている様子。


ちーちゃんはというと、
自分のやってしまった失敗を
反省しているような表情をしつつ、
「ごめんなさい」も言わずにいました。


私は晩御飯のお皿を片付けながら、
ちーちゃんに「拾ってね。」と言いました。


パパはイライラしながら、ちーちゃんに

「だから言ったやろ。」
「こんなんなるから今しないでって言ったのに。」

と怒りながら一緒に拾っていました。



私は思わずそんなパパに、

「ちーもわざとじゃないんだから、
 そんなに恐い言い方しないであげてよ。
 ちーに拾わせたらいいやん。」

と言いました。


ちーちゃんは、黙ってしょんぼりしながらも
おもちゃを拾っていました。






・・・・・・翌日・・・・・・


元気になったちーちゃんは、
寝る前に突然こんなことを言い出しました。


「ちーね、ママがパパに怒ってる時ね、
 本当は〝ママいいぞいいぞー〟って思ってるん!」


え?

私の頭の中には「?」がたくさん飛びました。


ちーちゃんの前でパパに怒ることはほとんどないし…

二人とも熱くなって語るような場面も
喧嘩と勘違いして止めに入るちーちゃんだから、
〝いいぞいいぞー〟 はないだろうし…


私はちーちゃんに聞きました。

「ママがパパに怒ってる時なんてあったっけ?」


するとちーちゃんは、

「ほら、昨日怒ってたやん!」

と。


あー!!あれね!!!・・・笑




ちーちゃんは、
自分のわざとじゃない失敗を怒ったパパに、
理不尽さを感じていたのかもしれません。


本当はパパに言い返したいけど、
恐くなったパパにうまく言えないし、
言ったとしても余計に恐くなるかもしれません。 


それに、実際やってしまった失敗は、
自分も思いがけない失敗で、
それ自体は反省しているようでした。 



ちーちゃんは、黙って片付けていたけど、
本当は心の中に
色々な思いがあったのかなと思いました。



今回はパパだったけど、
毎日の生活の中で、
私にもきっと色々感じることはあるんだろうな。


それを話してくれるのか、くれないのかは、

・普段から自分の気持ちを聴いてくれているか
・それを理解しようとしてくれているか

・それを言動に移してくれているか

そんなところから差がついてくるんだと思います。

8098b5674859e76ffab3424be92147f6_m


ちーちゃんは私のお腹から産まれた子だけど、
私とちーちゃんは別の人。


ちーちゃんは私よりも明らかに小さいし、
色々な理解もまだ難しいのかもしれないけど、
その分「感じる」ことは誰よりもしているはず。


そしてその感じ方もまた、私とは全く違うはず。



ちーちゃんと「全てを分かり合う」ことは
きっとできないけど、

ちゃんと聴いて、
ちゃんと伝えて、
ちゃんと知って、
「ちーちゃんとママ違うよね」って楽しめたらいいな。


ee90a22354709f411530020bff7fda6f_m


どんなに小さな子どもにも
ちゃんと感じることはある。


大人の考えを押し付けずに、
この子の思いを尊重してあげられたら、 
この子はどんな人に育つのかな。



そんふうに楽しみながら、
「子育て」ではなくて
「ちーちゃんと私の人生」を
楽しんでいけたらなと思います(^−^)





〜こちらの授業もチェック〜

子どもの「こぼしちゃった」こぼさなくなる対応の仕方

注意ばっかり?気をつけたい子どもへの声かけ

子どもに怒る親は悪い?その反省、罪悪感、どうしてる?

見逃してない?知っておきたい子どものサイン




友だち追加



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村







design-32