そうだよなぁ。
そう言われてみれば、不思議。
 

世の中にありふれている『当たり前』を
まっさらな目で心で見つめているこどもたちは、
未来そのもの。

どんどん大人たちで固めた『ガラスの天井』を
ぶち破って生きてほしい!

今日はそう思わせてくれたちーちゃん(3)のエピソード。







・・・・・・・・・・・・・・・・・ 






( ・∇・)「ママー、3って、みっつ?」

(^。^)「うん、そうだよ。」

( ・∇・)「じゃあ、4は?5は?」

(^。^)「よっつ、いつつ。」

(^o^)「へぇ〜。じゃあ8は?」

(^-^)「やっつ。」

( ・∇・)「9は?」

(^。^)「ここのつ。」

(*゚▽゚*)「えーっ!?ここのつー?じゃあ10は?」

( ´θ`)ノ「とう!」

(≧∇≦)「えぇぇーっ!?!?とーうーっ!?
 キャーハハハハハ!!なんじゃそれ!!!(爆笑)」





・・・・・・・・・・・・・・・・・・





 

確かに。
なぜ?「~つ。」じゃなくて、「とう!」(笑)
 

わたしたちが『当たり前』って感じてることは、
実は違和感たっぷりで、
それはすなわち、改善の余地があるものばっかりなのかも。

子どもと話していて、ふっと本質を振り返る瞬間。
 

こどもたちはいつもすべてを楽しんで生きている。
いいお手本だな♡






友だち追加


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村




design-32