こんにちは!

チャイルドコーチングアドバイザーで
フリーランス保育士ママのさやかです。





突然ですが、お子さんと
いつもどんな遊びをしていますか? 


動きたい!発散したい!な子どもたちは、
公園に行ったりお散歩をしたりが
やっぱり好きですよね。


でも雨の日は?


静かな遊びばかりだと、ぐずぐずになっちゃうし、
どうやって発散しよう?

お家だから走れないし…

思いきり遊びたいけど、お部屋を汚したくない…





そんなときにオススメなのが、
今日紹介する遊びです!



お部屋を汚さずに、
子どもたちはダイナミックに遊べる!


0〜2歳の子も大喜びで夢中になると思うので、
ぜひ試してみてくださいね。 






1.優秀素材、牛乳パック 



お家でよく出る廃材、牛乳パック。
それで遊べるなら、おもちゃ代はタダですよね。


68a2f190c6fed6927c6f0ebdd81b8f47_m


牛乳パックはとても丈夫で、水にも強い! 
重くないし、当たっても痛くない、壊れても平気♪

なので、 おもちゃとしては優秀な材料なんです。







2.積み木



その牛乳パックの中に、
新聞紙をぎゅうぎゅうに詰めて、
ガムテープで口をとめ、
直方体の形にしたものをいくつも作れば、

それだけでダイナミック積み木に変身します。 




こちらは立方体にしたもの。


c594a1bca782c4c556ab2a713312cca7_m


フエルトでデザインするのも可愛いですね!





こちらは、
牛乳パック同士が離れないように、
上部と下部、サイドにマジックテープを貼っています。



22582070_1464002903719035_3499061949985980416_n
https://deskgram.org/explore/tags/竹屋敷 より



お〜!壁だ!
電車とか、お家、秘密基地も作れそう〜!


これは、何人乗りの車?
すごすぎる・・・

しかも赤で統一されていて、
あえて牛乳パックを魅せているところが
子どもたちの想像力をさらにかきたてそう!



IMG_5805-e1479185460820
http://na-nagaoka.jp/nagaoka/3189  より



なんなら二階だてとかできるかな?できないかな?







3.つなげておけば乳児さんでも安心



レンガのように、1つ1つ積んでいくのは、
3歳以上の子は大工さんになったようで
根気強く取り組めそうですよね。



でも0〜2歳ちゃんは、
自分で作りたいものを思い描くのが難しいし、
イメージを形にするのも難しいもの。


なので、牛乳パックを平たく長く板状に繋げたものや、
柱のように4本まとめてガムテープで留めたものなど、
すぐに形にしやすいように
あらかじめ繋げておくのがオススメ!


柱を4本立てて、
上に板状のものをママパパと一緒に乗せれば、
もう屋根付きハウスの完成!



こちらは、お店やさんのようです。


fbbf1f31
http://blog.livedoor.jp/masyumalon-masyumalon/archives/1054477253.html  より



そしてそして、壊すのこそ、楽しいお年頃♪

パンチ!キック!でお家を壊しちゃうのも
きっと喜ぶと思いますよ。







4.大人も遊んじゃおう!



新聞紙をぎゅうぎゅうに詰めると、
大人も上に乗れちゃうくらい強くなるって
知っていましたか?



こちらはソファ。


f876365ba990ae1f64bd4a58a298af52e00f187e
https://roomclip.jp/photo/tXgC  より



もう完全にインテリアの1つですね!


日曜大工よりももっと簡単!
お部屋の中で子どもと一緒に作れる大工さん♡

パパも、ぜひやってみてください♪







5.何で覆う?メリットデメリット



フエルトや、布、色ガムテープなど、
牛乳パックを覆うものは色々ありましたね。


それぞれ、メリットとデメリットがあるので
ご紹介しておきます。



▼布製のもの 

フエルトや、布など、
とても温かみが出て優しい印象になります。


赤ちゃんが触れるものだから、とても良いと思います!


ただ、よく舐めるし、
おもらしもしてしまうのが赤ちゃん。


長く清潔に保っておくには、
取り外してお洗濯できるように作ると
良いかもしれません。




▼テープ製のもの

色ガムテープやインテリアシートなど、
テープになっているものは固定もしやすく
作るのが簡単です!

そして、お茶をこぼしちゃった!なんて時でも
さっと拭けるので便利です。


ただ、布製のような温かみはないので、
カラフルな色ガムテープを使ったり、
インテリアシートなどで可愛らしい柄を選ぶなど、
工夫してみるのも良いかもしれません。


















6.さいごに



いかがでしたか?


市販のおもちゃで遊ぶのもいいですが、
自由に、思い通りに作って遊べるものって、
お子さんと密な関わりもできて
とてもいいですよね!


今度のお休みは、
ぜひお子さんとお家でダイナミックに
遊んでみては?

意外なお子さんの一面が見られるかもしれませんよ!





  友だち追加


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村




design-32