子育て、頑張っていますか。
子どものため、自分を犠牲にしてまで
頑張って子育てしてます!
って、わたしもしてました。

でもいつからか、なんか違うなって思い始めたんです。


子育てって、子どもを育てることですよね。
子どもが育たないと意味がありません。

子どもの育ちの段階をスルーして、
自分よがりな子育てを押し付けていませんか?

今日は「テキトーすぎる、いい子育て」として
わたしの思いをお話しできたらと思います♡





あなたが9割必要と思ってることは、
子どもは1割しか必要としてないかもしれない



「〇〇が子育てにいいらしい!」
そんな情報を得ると、それが必要だと思ってしまいます。
それをしないといけない義務感に駆られたりするママも多いのでは?

ママはそれが必要だと感じても、
それは子どもには合わないかもしれません。

逆に子どもに合っても、
どうしてもママが好きになれないものもあるかもしれません。

なんでも、いってみればいいし、やってみればいい。
できなかったら、やめたいと思ったらやめればいい。 
それだけのことです。
もっともっとテキトーに考えていいんです。
テキトーに。

できなかったウチの子はダメな子、
なんて思う必要はないし、
逆にウチの子おとなしすぎるのかしら、
なんて心配する必要もありません。

0歳の赤ちゃんにも意思があり、
合う、合わないがあるんです。

それを見ずに、親の意思だけで全てを決定するのは
いい子育てとは言えないんじゃないかなぁと思うんです。


大切なことは、
あなたの大切と思う9割を子どもに押し付けることではなく、
子どもの残りの9割の気持ちがどこに向いているかを知ることです。
 

ぜひ、お子さんの言動から、内面を見つめてあげてください。
そしたらきっと、信頼される親になれると思いますよ♪






友だち追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村




design-32