こんにちは!

チャイルドコーチングアドバイザーでフリーランス保育士ママのさやかです!





 
皆さんは、子どもの血液型って知っていますか?
私は、4歳までなかなか機会がなく、調べていませんでした。

血液型を調べた時に、看護師さんに色々聞いたことをもとに、
今日は 血液型について考えてみたいと思います!













 血液型はどのタイミングで調べる?結果はどう出る?




血液型を調べるには、血液の摂取が必要です。

でも、注射好きな子なんてほとんどいないと思います。

私は血液型を調べるためだけに注射をするのは
なんだかかわいそうと思い、
何かのタイミングで血液検査をする際に、
血液型も一緒に調べてもらうようにお願いしました! 





血液型を調べると、
「ABO型」と「Rh」が結果として出てきます。

「ABO型」はご存知の通り、
「A型」「B型」「O型」そして「AB型」というものです。

「Rh」は「+」「ー」のどちらかが出ます。

ところで「Rh」ってなんだろう?と思い聞いてみたところ、
「+」は、比較的人口が多い種類、
「ー」は、反対に少ない種類の血液なんだそうです。

なので、交通事故などで輸血が必要になった場合、
「+」 の方が見つかりやすいということなのかもしれません。



補足ですが、
交通事故などで輸血が必要になった時でも、
その場で血液の検査は行われるので、
ママは必死に覚えておく必要はないようですよ。






 4歳までは母親の血液型が出ちゃうってホント?



聞いた話の中に、
「4歳までは母親の血液型がそのまま出る可能性があるので、
 5歳以降に再検査が必要」
というお話がありました。



こちらも看護師さんに聞いてみたところ、

1年間は母親の血液型が出ることもあるようですが、
それ以降であれば、正確な結果が出るようです!


なので、血液検査は、
1歳のお誕生日を迎えてから検査をしてみてくださいね。 







 さいごに



血液型で性格が分かるなんてお話もありますが、
それが真実かどうかは別として、
なんとなく盛り上がっちゃう血液型のお話。

子どもの性格が誰に似てるかなんて、
家族で会話するのも楽しい時間のひとつ。

血液型から、
代々つながってきた「いのち」を感じられるのも、
大切な瞬間かもしれませんね。




友だち追加




にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



design-32